HEMS



HEMSとは



HEMSとは、Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の略で、家庭で使う電気を管理するシステムです。
家電や電気設備などと繋いで、電気やガスなどを自分の家でいつ・どこで・どれだけの電気を消費しているか使用量見える化をしたり、 使用を最適に制御するなど重要な役割を果たします。




特徴


HEMSの持つ機能で大きな要素として、「見える化」と「自動制御」があります。

見える化とは、各種機器につないだ計測器やセンサーをもとに、スマートフォンやパソコンなどで、電気の使用量を確認することができることです。 電力会社が取り付けている電力メーターでは、瞬間値しかみることができません。どの機器にどのくらい電気を使用しているか、時間・日・月ごとの使用量、 部屋別の使用量などを見ることができます。この見える化を使うことによって、普段は気づかない電気の無駄遣いを確認することができ、使用状況を改善することができます。

自動制御とは、様々な状況・条件を元に電気の使用量をコンピューターの技術を元に家電をコントロールし、自動的に電気使用量を最適化することです。 例えば、家の電気代が設定値に達したら、エコモードでしか作動させない。電気代の高い時間帯は設定温度を調整して、 時間帯が過ぎたら元の温度に戻すなどのコントロールを行うことで、効率よく節電をすることができます。



HEMSのメリット



  • エネルギーの見える化で節電に繋がる
    ∟ いつ・どこで・どれだけの電気を使っているかを見ることができるようになるため、電気の無駄遣いを確認することができるので電気の使用を改善し、節電に繋がります。


  • 外出先からスマホなどで遠隔操作可能
    ∟ スマートフォンやパソコンなどから操作ができるため、エアコンや照明を消し忘れて外出した場合でも、屋外から簡単に消すことができます。また、帰宅前にエアコンの電源を入れることもできますので、快適な生活を送ることができます。


  • 自動で操作して節電をしてくれる
    ∟ 電気の使用をコンピューターが自動で制御してくれることにより、気温が○度より下回ったら風量を強くするなどの自動操作ができます。




HEMSのデメリット



  • ECHONET Liteに対応した家電が必要になる
    ∟ ECHONET Liteに対応した家電でないと、HEMSでの自動制御ができません。また、各メーカーの仕様が統一されていないため、同一メーカーでないと制御できないという問題があります。


  • 最近注目され始めたため、認知度が低い
    ∟ 電気自動車や太陽光発電システムは、メディアでよく聞くようになりましたが、HEMSはあまり聞きなれないシステムですので設置する人が少ないのが現状です。




取り扱いメーカー

  • パナソニック
  • 三菱
  • 東芝
  • 京セラ
  • シャープ