太陽光発電



太陽光発電とは



太陽光発電とは、屋根などに太陽電池を取り付け太陽からのエネルギーである太陽光を直接電気に変換する発電方式です。 作った電気をご家庭で使用して、余った電気は電力会社が買い取りをしてくれます。 災害で停電になった場合でも緊急電源として利用できるので、災害時でも電気を使うことができます。 近年、環境問題への関心の高まりから、燃料を必要とせず空気汚染もない太陽光発電が注目され家庭や企業での使用が増えています。



太陽光発電の仕組み

① 太陽の光から電気を創る
【太陽電池モジュール】
屋根などに取り付けて、太陽光のエネルギーから、直流電力を発電します。
② 創った電気をまとめる
【接続箱】
太陽電池モジュールからの配電をまとめて、パワーコンディショナに送ります。
③ 家庭で使える電気に変える
【パワーコンディショナ】
太陽電池モジュールで発電した直流電力を効率よく、家庭用の交流電力に変換します。
④ 家庭内に電気を配る
【 屋内分電盤】
パワーコンディショナからの電力を家庭内に分配します。
⑤ 測る
【電力量計】
売る電力と買う電力を測ります。








太陽光発電の仕組み






太陽光発電のメリット



  • 環境を汚さない
    ∟ 水や空気を汚さず発電できるため環境を汚さないクリーンなエネルギー源として注目を集めています。特に、二酸化炭素を排出しないので、地球温暖化対策として有効です。


  • 電気代を節約できる
    ∟ 昼間は太陽光発電で作った電気で家庭内の様々な電気設備をまかなうため、電力会社の電気をあまり使わずに済み電気料金を削減できます。


  • 節電意識が高まる
    ∟ 電力モニタには現在の発電量や消費電力量など、さまざまな情報がリアルタイムで表示されるので、季節や生活時間帯によっての使用電力が把握でき、無駄に消費している場合には早期発見、削減できるようになります。


  • 余った電気を売ることができる
    ∟ ソーラーパネルで昼間に発電され、自宅で消費して余った電力を電力会社に買い取ってもらうことができます。太陽光で発電できる時間帯の電力消費量を抑えることにより、売電収入が家計に入り、全体的な光熱費を軽減できます。


  • 災害時・停電時でも非常用電源として利用できる
    ∟ パワーコンディショナーの側面や壁に設置された非常電源用のコンセントから、太陽光で発電した電気エネルギーを直接使用することができます。最大で1500W(1.5kW)の電力を使うことができ、震災の情報を得るためのテレビ・ラジオ、携帯電池の充電、炊飯器やポットを使用することができます。


  • 都道府県、市区町村によっては補助金制度がある
    ∟ 太陽光発電の設置にあたり、補助金制度がある都道府県、市区町村があります。自宅のある住所によって補助金の有無、金額は異なります。



太陽光発電のデメリット



  • 初期費用が掛かる
    ∟ 近年、太陽光発電業界の競争激化により、販売価格はどんどん下がってきていますが、それでも安くはない買い物です。


  • 天候によって発電できる電力量に大きな差が出る
    ∟ 太陽光発電システムは、太陽電池モジュールに太陽の光エネルギーっが当たることによって発電するので天候によって発電量が変わります。


  • メンテナンスが必要
    ∟ メーカーにより期間は異なりますが、数年間に一度メンテナンスが必要になります。


取扱いメーカー

  • ソーラーフロンティア
  • パナソニック
  • 三菱
  • 日立
  • 東芝
  • シャープ
  • 京セラ
  • 長州産業
  • カナディアン・ソーラー
  • インリーソーラー